図書出版松籟社ホームページ
松籟社について
松籟社の本

連載

twitterアカウント

シリーズ「フランダースの声」について

  ヨーロッパの縮図と呼ばれるベルギー。三つの公用語と語圏をもつこの国の作家・小説は、とりわけオランダ語圏の作品は、日本ではあまり紹介されてきませんでした。ラテン文化とゲルマン文化が接し、拮抗しているこの国の文化は独特なものがあり、魅力的な小説もたくさんあります。それらの小説を少しでも日本の読者に届けたく、ベルギー・オランダ語圏の現代小説シリーズ「フランダースの声」をスタートします。
  ※シリーズ「フランダースの声」は、公益財団法人フランダースセンターの協力のもと、始まりました。フランダースセンターのご助力に感謝申し上げます。




刊行ラインナップ

『火曜日』  (エルヴィス・ペーテルス 著/鈴木民子 訳)

『モンテカルロ』  (ペーテル・テリン 著/板屋嘉代子 訳)

※すべて在庫ございます。